プレマリンの副作用を理解しよう

 

プレマリンは女性ホルモン(エストロゲン)を補充し、エストロゲン不足が原因の諸症状を改善する医薬品です。そのため服用期間が長期になりやすく、「どんな副作用があるんだろう」と気になっている人も多いでしょう。

 

ここでは、プレマリンの副作用として

 

  1. プレマリン副作用の詳細
  2. この症状は副作用なの?

 

という2つのポイントについて解説していきます。

 

目次

 

プレマリンの副作用確率はどのくらい?

 

たいていの医薬品には、どのくらいの確率で副作用が出るのか、データが添付文書に書かれています。しかし、プレマリンの場合、添付文書に副作用確率のデータは書かれていません。

 

そこで、同じくホルモン剤の1つである「ルトラール」の副作用確率を見てみましょう。

 

薬品名

副作用発生確率

ルトラール

10.5%(19例中2例)

参考ページ:ルトラール添付文書

 

↑にあるとおり、ルトラールで副作用が出る確率は約10%となっています。サンプル数が19件とかなり少なく、信憑性に乏しいうえ、プレマリンで同じになるとは限りませんが、参考値にはなるはずです。

 

とはいえ、10%と言われてもそれが多いのかどうかはあまり判断できません。そこで、他の一般的ない医薬品との比較を見てみましょう。

 

医薬品種別

副作用の確率

プレマリン

約10%程度(予想値)

抗生物質(クラビット、クラリスなど)

約3~4%程度

解熱・鎮痛剤(NSAIDs:ロキソニン、ボルタレンなど)

約3~10%程度

抗不安薬、睡眠薬(デパス、アモバンなど)

約7~10%程度

プロトンポンプ阻害薬(胃酸を抑える薬)

約12~20%程度

SSRI(抗うつ薬)

約40~70%程度

 

利用されやすい医薬品との比較表は↑のとおりです。単純比較はできませんが、数値だけ見ればプレマリンの予想値は解熱・鎮痛剤や抗不安薬、睡眠薬と同程度で、プロトンポンプ阻害薬やSSRIに比べるとグッと低くなっている言えます。副作用出現率については、高くも低くもないと言ったところでしょう。

 

副作用の詳細を確認しよう

 

次に、プレマリン服用時に出現する可能性がある副作用症状を確認していきましょう。

 

電解質代謝【むくみ、体重増加など】

 

電解質代謝 ナトリウムや体液の貯留(浮腫、体重増加等)

 

エストロゲンにはさまざまな作用がありますが、そのうちの一つに「ナトリウム・水の体内への貯留」があります。エストロゲンは腎尿細管でナトリウム(水分)の再吸収を促し、ナトリウムを体内に保持します。

 

エストロゲンは女性ホルモンなので、女性の方が水分を体内に溜め込みやすいということになります。もしそこに塩分の過剰摂取などがあれば、浮腫(むくみ)が出てしまうケースもあります。女性のほうがむくみやすいのは、このためです。

 

そして、プレマリンはエストロゲンそのものであり、服用すると体内のエストロゲン量が増えるため、当然体内への水分の貯留が起きやすくなります。そして、プレマリンの大量継続服用を行うと、水分の貯留が継続し、むくみ・体重増加という形で現れやすくなるのです。

 

むくみは塩分によって起きやすくなるので、対策方法としてはまず「塩分を控えること」があります。ただ、それでもむくみが収まらないときは、医師に相談したほうが無難です。

 

生殖器・乳房【不正出血、胸の痛みなど】

 

生殖器 帯下増加、不正出血、経血量の変化
乳房 乳房痛、乳房緊満感

 

プレマリンの適応症の中に「機能性子宮出血」とあります。それなのに、副作用として不正出血があるのは変な気がするかもしれません。機能性子宮出血の項目でも解説しましたが、機能性子宮出血には

 

消退出血 → 女性ホルモン減少によって起こる出血
破綻出血 → エストロゲン過剰が原因で起こる出血

 

の2種類があり、プレマリンが適応されるのは「消退出血」の方となります。破綻出血に関しては、むしろプレマリンを服用すると逆効果です。

 

そして、プレマリンを服用することによりエストロゲン過剰の状態になり、破綻出血が起こってしまうケースもあります。それが、エストロゲンの副作用として記述されている不正出血の正体となります。

 

 

また、乳房の副作用についてもエストロゲンが原因です。エストロゲン過剰になると乳腺症になるリスクがあり、その結果胸が痛くなったり、緊満感が出るということがありえるのです。

 

エストロゲン過剰が原因なので、基本的にはプレマリンの服用量を減らすことで対処します。どの程度減らして対策するかは、医師と相談の上決めたほうがよいでしょう。

 

自律神経【腹痛、吐き気、めまいなど】

 

消化器 腹痛、悪心・嘔吐、食欲不振、膵炎
精神神経系 頭痛、めまい

 

プレマリンを服用すると、自律神経が乱れてさまざまな症状が出ることがあります。

 

自律神経(交感神経・副交感神経)とは、自分の意思とは関係なく働く神経全般のことです。交感神経・副交感神経のバランスが保たれることで、

 

  1. 呼吸・心臓の働き
  2. 血圧
  3. 胃腸の働き
  4. 膀胱の働き
  5. 子宮の働き

 

を自動的に制御しています。

 

自律神経は脳の視床下部がコントロールしていますが、女性ホルモンバランスが乱れると、この視床下部の働きも乱れてしまい、結果的に自律神経のバランスが崩れることがあるのです。

 

その結果、

 

  1. 頭痛
  2. 耳鳴り、めまい
  3. 吐き気・嘔吐、腹痛、口の渇き、便秘・下痢
  4. 血圧低下(低血圧)
  5. 呼吸の乱れ、呼吸困難
  6. 不安感、緊張感
  7. イライラする、怒りっぽくなる
  8. 睡眠障害(不眠症)
  9. 摂食障害(拒食症・過食症)

 

といったさまざまな症状が現れる可能性があります。

 

プレマリンを服用するとエストロゲンが補充されるので、体内の女性ホルモンの分泌量がこれまでとは変わります。そのため、自律神経のバランスが崩れてさまざまな症状が出る恐れがあります。とくに、プレマリンにはむくみの副作用もあり、摂食障害と合わさって急激な体重増加が起こることもあるので食事には注意が必要です。

 

プレマリンの服用によってこのような自律神経症状が出ることは少ないですが、もし発症した場合は医師に相談して、服用量を減らす、中止して別の方法を試すなどの対策が必要となるでしょう。

 

肝臓【肝機能障害など】

 

肝臓 肝機能障害(AST(GOT)、ALT(GPT)、Al-P上昇等)

 

医薬品を服用すると血中濃度が上がっていきますが、血中濃度が最大になるとその後はじょじょに薄まっていきます。これは肝臓が医薬成分を代謝・排泄しているからです。

 

ただ、医薬品を代謝するということは、そのぶん肝臓に負担がかかるということでもあります。そのため、医薬品の多くはASTやALTなどの肝臓の数値を上げてしまうことになります。プレマリンでもそれは同じで、

 

肝機能障害(AST(GOT)、ALT(GPT)、Al-P上昇等

 

と添付文書には記述されています。

 

もともと肝臓の数値の状態が良い場合はそれほど問題ありませんが、もし肝臓の数値が高い場合はプレマリン服用によって余計に数値が上がり、肝機能障害などに発展する可能性があるので注意が必要です。健康診断などで肝臓の数値を指摘されている場合は、プレマリンの服用は慎重に行いましょう。

過敏症【発疹・蕁麻疹やかゆみなど】

 

過敏症 発疹、蕁麻疹、血管浮腫

 

プレマリンの作用とは一見関係ないように見えますが、副作用として発疹・蕁麻疹かゆみなどが起こることもあります。大抵の場合、これはプレマリンが体内にはいったことで体が過敏反応をおこし、「薬疹」を発症しているのが原因です。

 

薬疹は、体の免疫機能が医薬成分に過敏反応して起こります。なお、どんな医薬品にも過敏症の可能性はあり、市販の風邪薬やビタミン剤などに反応するケースもあるほどです。

 

薬疹の原因は「体質」であり、もし発症した場合は運が悪かったとしか言いようがありません。もちろん、薬疹が起こる可能性はとても低いですが、もし発症した場合は今後一切プレマリンの服用が禁止されるので再度の服用は厳禁です。

 

皮膚【色素沈着、脱毛など】

 

皮膚 色素沈着、脱毛
呼吸器 呼吸困難

 

プレマリンの服用によって、皮膚の副作用が出る場合があるとされています。

 

プレマリンを服用すると、女性ホルモンを体内に補充することになるため、場合によっては肌の状態が変化します。その結果、肌荒れや色素沈着といった形で症状が出てしまうこともあります。

 

また、頭皮が影響を受けることで、脱毛と言う形で出てしまうケースもありえます。

 

精神系などの症状に比べて目に見えて変化が出るので、もし気になるようだったらプレマリンの服用量を減らす、やめるといった選択肢も考えるべきでしょう。

 

「重大な副作用」をチェック

 

プレマリンの服用によって、確率は低いですが「重大な副作用」が出るケースもあります。

 

  1. 血栓症
  2.  

    プレマリンの服用によって血栓ができやすくなり、血栓症・血栓塞栓症を発症することがある。

     

 

エストロゲンにはさまざまな作用がありますが、そのうちの一つに「血が固まりやすくなる」というものがあります。女性は生理によって出血があるので、影響を少なくするための作用と考えられます。

 

プレマリンを服用するとエストロゲン量を増やしてしまうことになるので、その分血液が固まりやすくなり、血栓ができやすくなる傾向があります。そのため、長期間にわたって服用していると、血栓症・血栓塞栓症を起こす可能性もあるわけです。

 

足のしびれ・痛み、呼吸困難・息切れ、胸の痛み、めまい、視力障害

 

上記は血栓症の初期症状となるので、もしこれらの症状が複数出るようなら、血栓症を疑ってプレマリンの投与はすぐに中止し、医師に相談するようにしましょう。

 

まとめ

 

プレマリンの副作用について解説してきましたが、副作用率自体はそれほど高くないので過度に心配することはありません。ただ、「自分だけは大丈夫」と言えるものでもないので、どんな副作用がありえるのかは知っておいたほうがよいでしょう。

 

  1. 電解質代謝【むくみ、体重増加など】
  2. 生殖器・乳房【不正出血、胸の痛みなど】
  3. 自律神経【腹痛、吐き気、めまいなど】

 

特に出やすいのが上記の症状ですが、いずれも女性ホルモン(エストロゲン)が増えすぎたことによるものが多いです。なので、もし症状が出るようなら基本的にはプレマリンを減らす・やめるといった対策を行うのが無難でしょう。

 

また、肝臓に障害がある場合、プレマリンによって症状が悪化するリスクがあるので、慎重に服用するよう心がけましょう。