プレマリンを服用している間のお酒(アルコール)はアリなの?

 

医薬品を服用している間は、「お酒を飲んでもいいのかな」と心配になる人も多いはず。当然、プレマリンに関してもアルコールと併用していいのかは気になるところです。

 

ここでは、プレマリンと飲酒の関係を説明します。

 

プレマリンの添付文書には記載がない

 

医薬品によっては、お酒(アルコール)と併用するとトラブルになりやすいものがあります。例えば睡眠薬は、明確にアルコールは併用注意となっており、できるだけ併用しないよう言われます。

 

また、依存性がある医薬品の場合も、アルコールの依存性と合わさって、お互いの依存度を高めてしまうリスクがあります。

 

そういった医薬品の場合、添付文書に「アルコールは併用注意」といった記述があります。しかし、プレマリンの添付文書には、「アルコール」「酒」といった記述がありません。

 

参考ページ:プレマリン添付文書

 

添付文書上で注意喚起されていないので、プレマリンとお酒の併用は、原則としては問題ないと考えられます。

 

飲酒が推奨されるわけではない

 

「原則OK」と言われると、なんだか「いくらでも併用していいんだ」という気持ちになるかもしれません。しかし、場合によっては、プレマリン服用中のお酒は控えたほうがいいケースもあります。

 

というのも、プレマリンの副作用とアルコールを飲んだ時の症状には、似通った部分が見られるからです。

 

消化器系の症状 腹痛、悪心・嘔吐、食欲不振
精神症状 頭痛、めまい

参考ページ:副作用|むくみやめまいが出る場合も

 

↑はプレマリンの副作用と、お酒を飲み過ぎたときの症状で重複している症状となります。

 

まず注意したいのが、消化器系の症状が重複している点です。もともとプレマリンは腹痛や吐き気などの副作用が出ることがあるのですが、お酒の症状も消化器系に出やすいです。そのため、症状が重複して強い消化器症状になる可能性があります。

 

次に、精神的な症状についても類似点があります。プレマリンによって頭痛やめまいなどが出やすい人は、お酒を飲むことで余計にふらついたりしやすくなり、転んでけがをしたりなどのリスクが出てくることになります。

 

そのため、原則OKとはいっても、プレマリンで副作用が出やすいようなら、お酒はできるだけ控えたほうがよいでしょう。