プレマリンの妊娠中・授乳中の注意点とは

 

女性ホルモン剤のプレマリンに関しては尚更だと思いますが、授乳期間中や妊娠期間中は薬について心配になる女性がほとんどだと思います。

 

さて、まずはプレマリンの添付文書を読んでみましょう。

 

禁忌:妊婦又は妊娠している可能性のある女性
妊婦又は妊娠している可能性のある女性には投与しないこと。[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。]
卵胞ホルモン剤を妊娠動物(マウス)に投与した場合、児の成長後腟上皮及び子宮内膜の癌性変性を示唆する結果が報告されている。また、新生児に投与した場合、児の成長後腟上皮の癌性変性を認めたとの報告がある。
参考ページ:プレマリン添付文書

 

添付文書の内容は↑のとおりですが、明確に「禁忌」とされており、妊娠中・授乳中の服用は禁止されています。妊娠中にプレマリンを服用した際の安全性が確立していないからです。

 

念のため、別の視点もチェックしてみましょう。アメリカには胎児・乳児、妊婦・授乳婦などへの医薬品のリスクを考える基準である「FDA薬剤胎児危険度分類基準」というものが存在しています(FDA:米国版の厚生労働省)。

 

FDA薬剤胎児危険度分類基準

カテゴリー 危険性 妊娠中・授乳中の服用
A 危険性が全くない OK
B それほど危険性はない たぶんOK
C 多少危険性があるかも 場合によってはOK
D かなり危険性あり どうしても必要な場合以外NG
X 禁忌 NG

 

上記の通り5段階となっています(A、B、C、D、X)。そして、プレマリンは「X」つまり、米国では授乳期間中や妊娠期間中にはプレマリンは「厳禁」であり、極めてリスクが高いと見做されているのです。

 

ちなみに、アルコールやタバコは「D」です。アルコールやタバコが妊娠期間中や授乳期間中に悪影響を与えるというのは有名な話だと思いますが、プレマリンはそれよりもさらにリスクが高いという事が言えるのです。

 

プレマリン服用中に妊娠に気づいてしまったら

 

プレマリンは妊娠期間中・授乳期間中は飲まないようにしましょう。添付文書上も、米国での基準でも「禁忌」、つまり絶対禁止扱いとなっています。ただし、「日頃プレマリンを飲んでいて、あるタイミングで自身の妊娠を知った」という場合もあると思います。となると「妊娠中でありながらも、ある程度の日数はプレマリンを飲んでしまっていた」という事になってしまいます。

 

ですが、それくらいであればさほど心配する事はありません。先述の通りリスクが高い事は確かですが、何か異変が生じる可能性そのものは低いです。「そういう危険性がある」から厳禁となっているだけであり、それだけで胎児や母体がどうにかなってしまうという事はほぼありません。むしろ、不必要に心配してストレスを溜めてしまう事の方が、胎児や母体にとっては良くありません。

 

当然プレマリンの利用は即座にストップして、きちんと病院で診てもらう必要はありますが、それでもあまり心配し過ぎないようにしましょう。

 

授乳中の影響はどうなる?

 

プレマリンを飲んでいると、プレマリンの成分が母乳に混ざってしまいますので、母乳を通じて乳児に成分が行き渡ってしまいます。混ざる量はほんの僅かですが、乳児の身体は小さいですから、成人に比べればリスクは高くなってしまいます。

 

ただ妊娠期間中とは異なり、ママと赤ちゃんはへその緒でつながっているわけではないので、、母乳さえ飲ませなければそれでプレマリン関連の問題は簡単に解決できます。具体的には、プレマリンを飲んでいる期間中は、ミルクで赤ちゃんを育てればOKです。薬云々とは無関係にミルク育児のママも増えてきていますから、特に問題はありません。

 

ただし母乳で赤ちゃんを育てたいのであれば、プレマリンは飲まないようにしましょう。

 

初乳は飲ませてあげよう

 

それから、ミルクで赤ちゃんを育てると決めた場合でも、「初乳(出産してから2、3日の期間に与える母乳の事)」だけは与えるようにしましょう。なぜなら、初乳には「免疫グロブリンA」が含有されていて、多少なりとも母親の免疫能力を乳児に授ける事が可能だからです。

 

ですから、赤ちゃんを産んでからプレマリンを飲みたい場合でも、初乳を与え終わるまでは我慢するようにしましょう。初乳を与え終えてから、ミルクで赤ちゃんを育てるようにシフトしていけば、影響を大幅に抑える事が可能です。