プレマリンの避妊効果と低用量ピルとの比較

 

プレマリンは女性ホルモン(卵胞ホルモン・エストロゲン)を補充する薬です。同じく女性ホルモン関連の医薬品としては「低用量ピル」がありますが、ピルには避妊効果があるため、「プレマリンにも避妊効果があるのでは?」と考える人もいるようです。

 

ここでは、プレマリンに避妊作用があるのかどうか、低用量ピルと比較して解説していきます。

 

プレマリンと低用量ピルは何が違うの?

 

プレマリンとピルの違いについて知るためには、まず「ピルって何?」ということを知らないといけません。

 

「ピル」というのは、かんたんに言うと「卵胞ホルモンと、黄体ホルモンの両方を配合した女性ホルモン剤」のことです。

 

卵胞ホルモン(エストロゲン) 女性らしい体をたもつ
黄体ホルモン(プロゲステロン) 妊娠しやすい体にする

 

2種類の女性ホルモンのおおまかな特徴は↑のとおりです。ピルはエストロゲンとプロゲステロンの両方を含んでいるので、女性ホルモンに関わるさまざまな症状(生理不順、不正出血など)に効果を示すほか、避妊効果を発揮することにもなります。

 

一方、プレマリンはエストロゲンのみを補充する医薬品です。女性ホルモンのうち、エストロゲンも妊娠には関わっていますが、プロゲステロンほどではありません。なので、避妊効果は低いとされています。

 

また、プレマリンに含まれるエストロゲンは馬の尿から取られた天然の結合型エストロゲンとなります。ところが、低用量ピルに含まれるエストロゲンは合成エストロゲンとなり、体内での活性が天然のエストロゲンに比べて100倍以上高いと言われています。

 

なので、エストロゲンの含有量だけを見ればプレマリンの方が多くなっています(プレマリンは1錠あたり625μg、低用量ピルは50μg以下)。しかし、活性には100倍近い差があるので、プレマリンの体内でのエストロゲン作用は、低用量ピルの1/7程度になるとされています。つまり、避妊効果が出るほどの女性ホルモン量が見込めないということなのです。

 

これらのことから、プレマリン単体で避妊のために処方されることはありません。服用しても避妊効果は見込めないので、避妊目的なら低用量ピルを使用するのがよいでしょう。

 

緊急避妊に使用するケースはアリ

 

緊急避妊目的でプレマリンが利用されるケースはあります。プレマリン1回8錠以上服用することで、急に女性ホルモン量を増やして緊急避妊効果が期待できるからです。

 

ただ、他に緊急避妊専用の医薬品もありますし、わざわざプレマリンで行う必要性はあまりないでしょう。成功率に関してもはっきりしたことがわからないので、おすすめできる方法ではありません。

 

プレマリンと低用量ピルとの併用はOKなの?

 

低用量・中用量ピルとしては、以下のものがあります。

 

低用量ピル オーソ、シンフェーズ、ルナベルトリキュラー、ラベルフィーユ、アンジュ、マーベロン、ファボワール、ヤーズ配合錠
中用量ピル プラノバール、ソフィア、ルテジオン

 

いずれも、プレマリンとの併用自体は問題ありません。

 

ただ、プレマリンとピルは両方とも女性ホルモンの補充が目的の医薬品となります。そのため、例えば何らかの目的(更年期障害など)の治療のためにプレマリンを服用していたとして、そこに自己判断でピルを追加すると、女性ホルモンのバランスが乱れて副作用などが強く出てしまうなどのトラブルが考えられます。

 

ピルを服用したい、と考えるケースとしてはやはり「避妊目的」の場合が多いはず。そういう場合は、プレマリンをやめて低用量ピルに切り替えることが多くなるでしょう。すでに解説したように、プレマリンのエストロゲン作用は低用量ピルに比べてずっと小さいので、ピルを服用するならプレマリンの作用はほとんど関係なくなってしまうからです。しかし、この場合体にはプレマリンに比べてずっと大容量のエストロゲンが入ってくることになるので、副作用が強くなったりなどのリスクはあります。

 

なお、プレマリンとピルを併用する治療法もあります。1カ月のうち、プレマリンを21日服用し、デュファストンなどのプロゲステロン製剤を10日間服用することで、自然な女性ホルモン周期を再現し、生理不順や月経過多などを治療する「カウフマン療法」というものがあります。このプロゲステロン製剤をピルに置き換えることで、カウフマン療法と似た状態になるため、生理のコントロールなどで、このようなプレマリンとピルの併用が行なわれる例はあります。

 

ただいずれにしても、プレマリンとピルの併用を行うという場合、かなり専門的な知識が必要になります。素人が個人で判断することは難しいので、避妊も行いたい場合はしっかりと医師に相談し、どうすればいいか判断してもらうようにしましょう。