プレマリンの併用禁忌や注意薬を覚えよう

 

大抵の医薬品には、併用禁忌(併用NG)や注意(慎重な併用が必要)となる医薬品が存在します。プレマリンについても、事前に知っておかないと、うっかり併用してしまうことになりかねません。

 

ここでは、プレマリンの併用禁忌・注意の医薬品や、一般的な医薬品との飲み合わせについて解説するので、ご一読ください。

 

目次

プレマリンに併用禁忌は存在する?

 

プレマリンに関しては、併用NGとなる「併用禁忌薬」はありません。なので、「絶対併用してはいけない薬品を併用してしまう」というリスクはありません。

 

とはいえ、禁忌事項(やってはいけないこと)はあるので、あらかじめ知っておきましょう。

 

  1. エストロゲン依存性腫瘍(例えば乳癌、子宮内膜癌)及びその疑いのある患者
  2.  

    腫瘍が悪くなったり、顕性化することがあるため。

     

  3. 乳癌の既往歴のある患者
  4. 血栓性静脈炎や肺塞栓症のある患者、又はその既往歴のある患者
  5.  

    エストロゲンには血栓を作りやすくする傾向があるため。

     

  6. 動脈性の血栓塞栓疾患
  7.  

    エストロゲンには血栓を作りやすくする傾向があるため。

     

  8. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  9.  

    過敏症の副作用が出たことがある人は、プレマリンの再服用はNG。 →過敏症副作用

     

  10. 妊婦又は妊娠している可能性のある女性
  11.  

    →妊娠中・授乳中の服用はNG!赤ちゃんの影響は?

     

  12. 重篤な肝障害のある患者
  13.  

    プレマリンを代謝するために肝臓の負担が増えるため。

     

  14. 診断の確定していない異常性器出血のある患者
  15. 未治療の子宮内膜増殖症のある患者

 

プレマリンの併用注意薬を覚えよう

 

プレマリンには併用禁忌はありませんが、「併用注意(慎重な併用が必要)」については複数あります。

 

イプリフラボン

 

イプリフラボン(医薬品名:オステン)は、骨粗しょう症の治療に使われる治療薬です。植物性のビタミン様物質であり、骨に作用して破骨細胞の働きを抑えるため、骨が弱くなるのを防ぐことができます。

 

また、イブリフラボンにはエストロゲンの働きをサポートする作用もあります。エストロゲンには骨からカルシウムが溶け出るのを防ぐ作用があるため、そういった意味でも骨粗しょう症対策に役だつことになります。

 

ただ、プレマリンと併用すると、エストロゲンの作用が強くなりすぎて、さまざまなトラブルが起こる可能性が出てきます。もともとプレマリンはほとんどエストロゲンそのものですし、そこにイプリフラボンが加わると体内のエストロゲンが強くなりすぎることがあるのです。エストロゲンの作用が強くなると、不正出血や乳房痛、むくみなどの副作用が出る確率が高くなるので、併用は慎重に行う必要があるでしょう。

 

骨粗しょう症は女性に多い症状なので、プレマリンとイプリフラボンをうっかり併用してしまうケースはありえます。もし骨粗しょう症の治療を受けるなら、プレマリンを服用していることは医師にしっかり伝えるようにしましょう。

 

血糖降下剤(ダオニール、グリミクロンなど)

 

  1. グリベンクラミド(オイグルコン,ダオニール)
  2. グリクラジド(グリミクロン)
  3. アセトヘキサミド(ジメリン)

など

 

糖尿病の治療薬で使用される血糖降下剤は、プレマリンとは併用注意となります。エストロゲンには耐糖能を低下させ、血糖を上昇させる作用が認められています。なので、プレマリンを服用するとそのぶん血糖上昇しやすくなるということなので、血糖降下剤の効果を減らしてしまうことになります。

 

副腎皮質ホルモン

 

プレドニゾロン(医薬品名:プレドニン)等の副腎皮質ホルモンは、プレマリンとは併用注意となります。エストロゲンは副腎皮質ホルモンの効果を抑制してしまうと考えられているためです。

 

副腎皮質ホルモンはさまざまな症状に使われるので、プレマリンを服用中はしっかり留意しておきましょう。

 

よく利用される医薬品との飲み合わせは?

 

プレマリンの併用注意薬については、上で解説したとおりです。しかし、「よく使っている医薬品があるけど、プレマリンと併用していいのかな?」という心配を持っている人もいるでしょう。

 

ここでは、多くの人に利用されている医薬品と、プレマリンの飲み合わせについて解説します。

 

風邪薬(パブロン・ルル・ムコダインなど)

 

プレマリンは長期服用しがちなので、その間に風邪を引いて風邪薬を飲みたくなることもあるでしょう。

 

医薬品名

効果

アスベリン

咳止め

アストミン

咳止め

フスコデ

咳止め

メジコン

咳止め

レスプレン

咳止め

アンブロキソール

喉の炎症を鎮める

エンピナース

喉の炎症を鎮める

 

ムコダイン

咳止め、痰切り、鼻づまり防止

 

風邪の折には主に上記のような医薬品が使われており、風邪のほとんどの症状に効くムコダインは特に活用されています。

 

これらの医薬品に関してですが、基本的にはどれもプレマリンと一緒に飲んでもOKです。気を配って併用するような必要も特にありません。プレマリンの飲み方を厳守して、風邪薬の飲み方も厳守すればそれで大丈夫です。

 

また、医療機関に出向かず、ドラッグストアなどで風邪薬を買う人も多いと思います。市販の風邪薬(パブロン等)の大半には「アセトアミノフェン」含有されていますが、これもプレマリンと一緒に飲んでもOKです。

 

ですから、風邪を引いたらきちんと薬を飲んで風邪を改善させる事の方が大事です。変に併用をためらってしまって、風邪が長引く事の方がよほど好ましくありません。

 

解熱・鎮痛剤(ロキソニン、ボルタレン、バファリンなど)

 

痛み止めや解熱薬も利用者の多い医薬品です。そして、痛み止めの中でも「NSAIDs」は有名です。

 

ロキソニン(ロキソプロフェン)、ボルタレン、イブプロフェン、アスピリン、ロルカム、ポンタール、インドメタシン、ペオン、ポンタールなど

 

これらの医薬品は全部「NSAIDs」の一種です。バファリンやイブ等の市販の薬は非常に知名度が高いですよね。

 

まず飲み合わせについてですが、プレマリンとNSAIDsは一緒に飲んでも大丈夫です。つまり、プレマリンを飲んでいる時に、市販薬であるロキソニン等を飲んでも構わないという事になります。

 

ただ、プレマリンとNSAIDsの両方に消化器関連の副作用があるので気を付けましょう。しかも、原因が異なるので、同時に発生して症状が重くなる可能性があります。片方だけを服用しているなら普通は「胃の痛み」や「食欲低下」くらいで収まりますが、併用すると重症化して胃潰瘍に陥るといったことが考えられます。ですから、痛み止め(ロキソニン等)は絶対に食事の後に飲むようにするなど、基本的なルールを厳守するように心掛けて下さい。プレマリンを飲んでいて、不具合が生じる事が多い場合は、NSAIDsとの併用時は事前に胃腸薬を飲んでおくなどの工夫をするようにしましょう。

 

胃腸薬(ムコスタ、ブスコパンなど)

 

日本人には胃腸関連のトラブル(胸焼け、胃の痛み、胃もたれ、便秘、下痢など)に見舞われている人が多く、その分胃腸薬を使っている人もたくさんいると思います。

 

ムコスタ、ブスコバン、ガスター、タケプロン、パリエット、ネキシウム など

 

↑は処方せん薬品の胃腸薬です。もちろん、数ある胃腸薬の中の一部分でしかありませんし、市販薬を含めればかなり多種多様です。

 

プレマリンとこのような胃腸薬の併用は基本的に大丈夫です。プレマリンの添付文書をチェックしても、胃腸薬と一緒に飲む事についてのリスクなどは特に記載されていません。

 

先ほど、鎮痛剤などの薬品をプレマリンと一緒に飲むと、消化器関連の副作用の危険性が高まるというお話をしましたが、胃腸薬の場合はむしろ副作用の危険性を下げてくれると言われています。そういった意味では、プレマリンとの相性はむしろいいと考えてもよいでしょう。

 

ただ、胃腸薬といったもさまざまな種類があり、適当に選んでいいわけではありません。例えば食べ過ぎて胃もたれを起こしているところに、胃酸を抑える薬を飲むと逆効果になってしまいます。きちんと適切な胃薬を選べる自信がない場合は、しっかりと医師に相談して適切な胃薬を出してもらうようにしましょう。

 

抗不安剤・精神安定剤・睡眠薬(デパス、パキシル、マイスリーなど)

 

たくさんの利用者が存在している医薬品として

 

抗不安薬 デパス、ワイパックス、ソラナックス、メイラックス、レキソタン、デパケン、セルシン、ホリゾンなど
睡眠薬 アモバン、ルネスタ、ロヒプノール、レンドルミン、ベンザリンなど
抗うつ薬 パキシル、ルボックス、レクサプロ、サインバルタなど

 

などの抗不安薬・睡眠薬があります。プレマリンと一緒に飲む事になる場合も多いかもしれませんが、睡眠剤・抗不安剤とプレマリンは基本的には一緒に飲んでも大丈夫です。お互いの効果を下げたりなどのリスクもありません。

 

ただし、抗不安剤や睡眠剤にも消化器関連の副作用が存在する事は確かです。確率は0.1パーセント~1パーセント程度でしかないものの、プレマリン関連の副作用と同時に出る確率はゼロではありません。ただ、NSAIDs等よりは、抗不安剤や睡眠剤が原因で胃腸に不具合が生じる確率は大幅に低いので、それほど心配する事はありません。

 

花粉症治療薬(アレグラ、アレロック、ザイザルなど)

 

冬から春にかけては、花粉症に苦しむ人が増えます。プレマリンを長期服用している場合、花粉症治療薬と併用する時期はどうしても出てきてしまいます。

 

まず結論から言うと、花粉症治療薬(アレグラやアレロック、クラリチンなど)とプレマリンの併用は問題ありません。花粉症治療薬は眠気が出やすいので、睡眠薬などとの併用だと問題が出る場合もありますが、プレマリンは眠気が出にくい医薬品なので、原則としては併用してもそれほどトラブルになることはないでしょう。

 

ただ、ここまでなんども解説しているように、消化器系(胃腸)の副作用が重複するリスクはあります。もしプレマリンで胃腸が症状を受けやすい場合は、花粉症治療薬を追加することで余計に胃腸が荒れないよう、注意する必要があるでしょう。

 

プレマリンの併用・飲み合わせまとめ

 

プレマリンの併用については、基本的にはそこまで不安がる事はありません。併用禁忌薬はありませんし、併用注意も種類はそれほど多くないからです。

 

  1. イプリフラボン
  2. 血糖降下剤(ダオニール、グリミクロンなど)
  3. 副腎皮質ホルモン

 

上記の併用注意についてだけ、頭の中に入れておきましょう。

 

使用している人が多い医薬品との飲み合わせについては、「消化器系の副作用」に注意しましょう。プレマリンだけでなく、胃腸の副作用が認められる医薬品は多いので、併用によって胃腸症状が悪化する可能性は考えておいたほうがよいでしょう。

 

また、たいていの医薬品は肝臓・腎臓で代謝・排泄されます。そのため、服用する医薬品が増えれば増えるほど、肝臓・腎臓の負担は増していきます。もし肝臓の数値に不安がある場合は、プレマリンだけでなく、医薬品の服用量についてはしっかり検討するようにしましょう。むやみに服用する医薬品を増やすのは考えものです。