プレマリンとカフェイン飲料(コーヒーなど)やグレープフルーツの飲み合わせ

 

プレマリンをはじめとして、牛乳やコーヒー、お茶などと医薬品との相性を気にしている人は多いと思います。

 

ここでは、グレープフルーツ・牛乳・お茶とプレマリンの相性についてお伝えしていきます。

 

飲み合わせが問題になる飲み物とは?

 

まずは、「医薬品と飲み合わせに問題出やすい飲み物」についてチェックしていきましょう。よく話題に出るものとしては、

 

  1. カフェイン飲料
  2. グレープフルーツ
  3. お茶に含まれるタンニン酸
  4. 牛乳、乳製品

 

があります。

 

カフェイン飲料

 

栄養ドリンク、コーヒー、お茶など、色々な食品にカフェインは入っています。そして、カフェインとの飲み合わせが良くない医薬品も存在します。

 

  1. カフェインの覚醒効果が、抗不安剤や睡眠剤の効果をダウンさせてしまう
  2. カフェインの血管収縮効果が、気管拡張剤(喘息の薬等)の効果をダウンさせてしまう
  3. 胃酸の量をアップさせる効果がカフェインにはあるため、逆流性食道炎の改善薬との飲み合わせが良くない

 

↑のように、カフェインと飲み合わせるのが好ましくない医薬品はたくさん存在します。

 

グレープフルーツ

 

身体の中にある酵素の一つに「CYP3A4」というものがあり、医薬成分の分解・代謝を行ってくれます。ですが、CYP3A4の動きはグレープフルーツによって鈍ってしまう事が判明しています。つまり「グレープフルーツと、医薬成分の分解・代謝をCYP3A4で行う医薬品の併用は好ましくない」という事が言えます。もしもそのような飲み合わせをしてしまうと、血液中の医薬成分の割合が低下しにくくなってしまいます。

 

ですからこの例に当てはまる医薬品を摂取するのであれば、グレープフルーツジュースは摂取しないようにしましょう。もちろん、果実自体も駄目ですし、グレープフルーツ入りのスイーツなども駄目です。

 

お茶に含まれる「タンニン」酸

 

ジャスミン茶・烏龍茶・煎茶・紅茶等には「タンニン酸」が入っています。タンニン酸には、抗酸化効果やLDLコレステロールを下げる効果があるので、基本的には優秀な成分です。ただし、鉄の吸収を邪魔する働きもあるので、貧血の危険性が高まってしまう場合もあります。また、貧血改善のために使われる鉄剤の吸収効率を下げてしまう場合もあります。

 

牛乳・乳製品

 

今の日本人にはカルシウムが足りていない人が多いです。ですから、牛乳を飲む事でカルシウムを補おうとしている方がたくさんいると思います。ですが、牛乳との飲み合わせが良くない医薬品は存外たくさん存在しています。

 

  1. 牛乳との併用で吸収がスローになる医薬品も存在する
  2. 牛乳との併用で吸収が早くなる(200パーセントオーバー)医薬品も存在する

 

このように、ミルクによって吸収速度が変化してしまう医薬品も存在していますので、医薬品とミルクの併用に関しては気を付けなくてはならないのです。

 

医薬品との飲み合わせが良くないとして問題視されるのは、大抵の場合これら4個の中のいずれかであると言えます。

 

プレマリンと各種飲み物の相性・飲み合わせについて

 

それでは、プレマリンとそれぞれの飲み物の飲み合わせを見ていきましょう。

 

カフェインとの相性 カフェインの作用でプレマリンの効果が薄れるなどの心配はない。
グレープフルーツとの相性 プレマリンの代謝が遅れるなどのリスクはない。
タンニン酸との相性 プレマリンは鉄分とは関係ないので、合背負う問題はない。
グレープフルーツの相性 牛乳のせいでプレマリンの吸収速度が変化するなどの心配はない。

 

↑がプレマリンと各種飲み物の相性となります。

 

いずれの場合も、プレマリンとの飲み合わせは基本的には問題ありません。効果が薄れる、副作用が強く出るなどのトラブルにはなりにくいと考えてよいでしょう。一応、カフェインには胃酸を減らす作用があるので、プレマリンの消化器系の副作用に悪影響を与える可能性はありますが、頭の中に入れておくくらいでよいでしょう。

 

プレマリンは水で飲もう

 

ここまで、プレマリンと各種飲み物の飲み合わせに特に大きなリスクはないという事を紹介していきました。ですが、それでもプレマリンはできれば水で摂取するようにして下さい。

 

理由は単純で、プレマリンの飲み方・摂取分量は水で摂取する事を想定して決められているからです。つまり、水以外で飲んだ場合は何らかの問題が起きるリスクがゼロではなくなるという事になってしまうのです。

 

それでも重大な危険に見舞われる事はないと思いますが、プレマリンが効きにくくなるような事はあるかもしれません。そうなれば、せっかくの治療効果が薄れる可能性があります。冷静に考えれば、水以外でプレマリンを飲む必要もないわけですから、素直に水で摂取するようにしましょう。