プレマリンの服用で抜け毛・脱毛が起こる可能性はあるの?

 

プレマリンが原因で抜け毛が多くなる事も稀にあります。ここでは、脱毛や抜け毛とプレマリンの関連性についてお伝えしていきます。

 

プレマリンの添付文書には、次のように記載されています。

 

頻度不明

脱毛

参考ページ:プレマリン添付文書

 

ですから、抜け毛が増えるリスクは存在しています。ただし、非常に起きにくい症状であるとは言えます(頻度不明ともあります)。1000名に1名以下、つまり0.1パーセント以下ということなので、あまり心配する必要なないと言うこともできます。過度に気にするとストレスになって、むしろ抜け毛が増える恐れもあるので、あまり気にしすぎない方がよいでしょう。

 

→副作用|むくみやめまいが出る場合も

 

脱毛エステの施術が断られるかも?

 

医薬品を飲んでいる期間中に脱毛サロンの出向いても、脱毛をしてもらえない場合があります。

 

具体的には、医薬品の内で「光線過敏症」と呼ばれる副作用が起き得る薬を摂取していると、脱毛をしてもらえない可能性が高いです。脱毛サロンではレーザー脱毛やフラッシュ脱毛が主流であり、光線過敏症が原因で皮膚がかぶれたり荒れたりする危険性が生じてしまうのです。ですから、脱毛をしてもらえない場合があるのです。

 

ですが、プレマリンの副作用としては「光線過敏症」は存在しません。ですから、プレマリンを飲んでいる期間中に脱毛エステに出向ても、脱毛をしてもらえなくなる事はないはずです。

 

ただ、プレマリンと一緒に何か別の薬を飲んでいるのであれば、その薬については気をつける必要があります。その薬の副作用として「光線過敏症」の危険性がある場合は、もちろん脱毛をしてもらえない場合があります。ですから、脱毛サロンに行きたいのであれば、一度摂取している薬の副作用に関して全て洗いだしておいた方が良いでしょう。