血中濃度最大時間や半減期から持続時間を推測する!

 

プレマリンだけでなく、たいていの医薬品にはだいたいの「血中濃度最大時間」と「半減期」がわかっています。

 

血中濃度最大時間(Tmax) 半減期(t1/2)

約6~9時間

約9~14時間

参考ページ:プレマリン添付文書
※非結合型エストロゲンの「エストロン」「エクイリン」のデータ

 

プレマリンを服用してから、血中濃度が最大になるのはだいたい6~9時間となります。医薬品としてはやや遅い部類です。また、半減期については9~14時間となり、だいたい半日は持続することになります。例えば朝食後に服用すると、血中濃度が最大になるのは夕方ころ、そして半減期(血中濃度が半分になる時間帯)は翌日深夜から朝にかけてということになります。

 

そのため、飲んですぐに効果が出たり、切れたりするものではないので、添付文書上でも「1日何回服用」といった指示はありません。1日に決められた用量を服用しさえすればOKとなり、服用タイミングについてはゆるいのが特徴です。

 

→プレマリンの服用タイミングや用法・用量

 

飲み忘れたらどうする?

 

服用してから効果が出るまでに時間がかかる医薬品だと、飲み忘れてしまうと厄介なことになる場合があります。しかし、プレマリンの場合は服用タイミングは比較的ゆるく、1日に決められた用量を服用すれば、食前・食後も関係なく服用することができます。

 

なので、もしプレマリンを飲み忘れてしまった場合も、その日のうちであれば、思い出したタイミングで服用すればそれほど問題にはなりません。

 

ただし、もし思い出すのが次の日になってしまった場合は、2日分を一気に服用するのは控えてください。服用タイミングにそれほど縛りはありませんが、服用量についてはしっかり決められているので、1度に2日分服用するのは望ましくありません。前日飲み忘れてしまった場合は、次の日から1日分の服用を再開すればOKです。

 

肝障害があるときの血中濃度について

 

薬を摂取するとだんだん血液中の成分割合がアップしていって、いずれ成分割合が最大になります。そして、肝臓や腎臓が成分を排泄・代謝する事で身体の中から成分がいなくなります。ですから、排泄・代謝機能が仮に無かったとすれば、身体の中にずっと成分が留まり過ぎてしまう事になります。そして、医薬品であるプレマリンの成分がずっと体内に留まり続けてしまうと、効果だけでなく副作用も出続けてしまうことになるなど、さまざまなトラブルが考えられます。ですから、排泄・代謝は大切なのです。

 

プレマリンの場合、代謝は肝臓を中心に行われます。ですから、プレマリンを摂取すると少なからず肝臓にダメージが加わる事になります。そして、プレマリンを肝臓が弱っている人が摂取すると、代謝が鈍って効果が増大し過ぎてしまう場合があります。

 

重篤な肝障害のある患者[代謝能が低下しており肝臓への負担が増加するため、症状が増悪することがある。]

 

そして、肝臓自体へのダメージにも気を配らなければなりません。↑はプレマリンの添付文書に記載されている文章ですが、プレマリンを飲むと肝臓が活性化して代謝を進めてくれます。そして、それに伴いダメージが及ぶという事なので、肝機能障害を抱えている方が飲むと、肝機能障害がエスカレートしてしまったりぶり返してしまったりする恐れがあります。そのため、重い肝障害がある人の場合は、プレマリンの服用が禁忌(NG)となっています。

 

→禁忌事項

 

腎臓・肝臓のコンディションを自身で判断するのはほぼ無理なので、健康チェック等で肝臓に問題がある事が判明した場合は、病院に行ってきちんと許可を得てからプレマリンを飲むようにしましょう。