プレマリンの効果や通販方法を紹介

 

この記事では、プレマリン(女性ホルモン剤)の効果や、安く購入できる通販手段などを解説しています。少々長い記事ですが、お付き合いくださると幸いです。

 

目次

 

プレマリンとは?

 

女性ホルモンの不足を補う薬として利用されているのがプレマリン(結合型エストロゲン)です。

 

さまざまな用途で利用されており、女性だけでなく男性の利用者もいます。

 

プレマリンの安い価格の通販はジェネリックがおすすめ

 

プレマリンは通常は病院で出してもらう事になりますが、安いジェネリック医薬品を海外から個人輸入して入手する事もできます。

 

ただ、個人輸入を自力で行うとかなりの手間暇が掛かってしまいます。ですから、個人輸入代行企業に任せるのが得策でしょう。そうすれば、アマゾンや楽天市場などとさほど変わらないイメージで注文する事ができます。

 

そして、個人輸入代行企業は数々あるので、どこを使うかはきちんと吟味しましょう。次の2つのポイントに気を付けながら、個人輸入代行企業を探すようにしましょう。

 

価格が安いこと

 

当たり前ですが、できるだけ安く買える業者を選ぶことが大切です。

 

安全性の高さ

 

個人輸入でプレマリンのジェネリック医薬品を入手するのであれば、安全度に関しても気をつけましょう。どの個人輸入代行企業も安全なのかと言うとそうでもありません。商品が届くまでにかなりの日数が掛かるなどのケースもあります。サービスが行き届いていて、メーカー保証が付与されている個人輸入代行企業を探すようにしましょう。

 

プレマリンの通販に最適な個人輸入業者は?

 

プレマリンは海外個人輸入でかなり人気が高いので、たいていの業者が扱っています。その中でも、特に条件がいいのがオオサカ堂です。

 

  1. プレマリンが格安で買える
  2. メーカー正規保証が付いている

 

↑の条件をしっかり満たしているのはオオサカ堂となります。安心して、プレマリンのジェネリックを安く買うことができます。

 

オオサカ堂

オオサカ堂の歴史は20年もあるためユーザーがかなり多いですし、その分たくさんのアイテムを業界内でも最安値で買える事が多いです。

 

そして、メーカー正規品保証も付与されていますから、安全性も非常に高いです。

 

気になるプレマリンの価格ですが、オオサカ堂ではプレマリンのジェネリック医薬品が購入できて、一番安いものだと1錠に付き10円前後(変化する事もあります)となり、これは業界内でも一番安いです。

 


おすすめのプレマリンのジェネリックは、「West-Coast Pharmaceutical Works Ltd.」製の「プレモン」です。1箱あたり56錠入って約1,800円です。6箱まとめて購入すると、約6,800円になりますので、1錠に換算すると約10円前後という超低価格になります。

 

>>プレマリンジェネリックの詳細を見てみる<<

 

↑のページでプレマリンジェネリックのリアルなユーザーレビューが500件以上見られるので、購入前の参考にしてみてください。

プレマリン1錠価格 到着時間
10円~(変動アリ) 最短5日 詳細

 

プレマリンの効果のしくみ(作用機序)は?

 

プレマリンは、結合型エストロゲンと呼ばれる医薬品です。エストロゲンというのは女性ホルモンの一種なので、つまり女性ホルモンを補充する薬ということになります。

 

  1. 卵胞ホルモン(エストロゲン)
  2. 黄体ホルモン(プロゲステロン)

 

女性ホルモンには、大きく分けて↑の2種類があります。このうち、エストロゲンには

 

  1. 女性らしい体つきをつくる
  2. 肌・髪のハリをつくる
  3. 感情を安定させる
  4. 骨・血管を丈夫にする
  5. 血液中のコレステロールを抑える

 

↑のような効果を持っています。

 

ところが、女性ホルモンは年齢を重ねるとだんだん分泌量が減ってくることがわかっています。

 

参考ページ:Estrogen Dominance

 

↑は年齢ごとの女性ホルモン分泌量を示したグラフです。「Estrogen」のところを見るとわかりますが、35歳から急激に減り始めてしまうことが見てとれます。

 

エストロゲンが減ってしまうということは、

 

  1. 女性らしい体つきをつくる
  2. 肌・髪のハリをつくる
  3. 感情を安定させる
  4. 骨・血管を丈夫にする
  5. 血液中のコレステロールを抑える

 

↑すでに紹介したこの効果が薄れてくるということになります。

 

その結果、更年期障害や卵巣機能不全症、膣炎などのさまざまな症状が出てきてしまうことになります。

 

そこでプレマリンが登場します。すでに解説したように、プレマリンはエストロゲンを補充する薬となります。その結果、更年期障害などの症状が軽減できることになるのです。

 

つまり、プレマリンは病気の症状を直接治すような医薬品ではなく、女性ホルモン(エストロゲン)を補充することにより、エストロゲン不足によって起こる諸症状を抑える薬ということになります。

 

▲目次に戻る

 

プレマリンが効果を発揮する症状とは?

※きちんとした診断には、医師の診察が必須です。

 

プレマリンはエストロゲンを補充する薬です。服用するとどんな症状に効果があるのかを見ていきましょう。

 

更年期障害(ホットフラッシュ・むくみなど)

 

更年期とは、40代前半くらいから閉経(日本人女性の場合は平均50.5歳)までの年代を指します。40歳くらいから女性ホルモンバランスの乱れなどからさまざまな症状が起こりますが、それらの症状をひとくくりに更年期障害と呼びます。また、最近ではプレ更年期障害というのも見られるようになってきており、30代くらいから更年期障害の症状が出始めるケースもあるようです。

 

また、女性ホルモンを分泌している「卵巣」を切除した場合なども、ホルモンバランスが乱れて更年期障害の症状が出る場合があります。

 

  1. ほてり・のぼせ(ホットフラッシュ)
  2. 胸の痛み・動悸・脈が早まる
  3. 多汗(スウェッティング)
  4. めまい・ふらつき・耳鳴り
  5. 倦怠感・疲労感
  6. 肥満・やせ
  7. むくみ
  8. 頭痛
  9. 冷え
  10. 頻尿
  11. 抜け毛・薄毛(びまん性脱毛症)

 

更年期障害の具体的な症状としては↑が代表例ですが、かなり多くの症状があることが見て取れます。どの症状が出るかは個人差がありますが、その中でもホットフラッシュや多汗(スウェッティング)などの症状が出る女性が多いようです。

 

例えばホットフラッシュの場合、自律神経の乱れが原因となります。女性ホルモン(エストロゲン)には自律神経と整える効果がありますが、更年期になりエストロゲン分泌量が減ることにより、自律神経を調整する機能が弱ってしまい、のぼせ・ほてりといった症状が出てくることになるのです。その他の症状についても、女性ホルモンが減少することにより、体のさまざまな部分に不調が出てしまうことが原因となります。

 

そのため、プレマリン(結合型エストロゲン)を服用して、直接エストロゲンを増やし、自律神経の乱れなどを正して更年期障害の症状を抑えていくことになります。

 

不妊治療・不妊症(卵巣機能不全症)

 

プレマリンは不妊治療・不妊症などに利用されるケースもあります。

 

不妊の原因はさまざまですが、その中の1つに卵巣機能不全症(低下症)があります。卵巣機能不全症になると生理周期の乱れや排卵障害などが起こり、妊娠しにくくなってしまうのです。

 

ただ、ひと口に「卵巣機能不全症」といっても、原因や症状はさまざまです。というのも、卵巣機能不全症というのは、単に「卵巣の機能が弱まったことで起こる症状」の総称だからです。なぜ卵巣の機能が弱まったのか? どんな症状が出るか? 人によって違ってきます。

 

原因として多いのは「ストレス」や「無理なダイエット」です。体に負担がかかることによって、脳の視床下部(卵巣をコントロールしている部位)が弱まってしまい、卵巣機能不全になるケースがかなり多いのです。

 

女性ホルモンは卵巣から作られるので、卵巣機能不全になると女性ホルモンが減少し、生理不順・排卵障害につながってしまいます。場合によっては、更年期障害のような症状(ホットフラッシュなど)が起こるケースもあるようです。

 

そこで、プレマリンを服用することで女性ホルモンを補充し、生理周期の乱れや排卵障害などを改善し、妊娠しやすい体に戻す治療を行います。

 

ただ、プレマリンはあくまで女性ホルモンを補充しているだけで、卵巣機能不全症の原因解決にはなりにくいのが実際のところです。なので、ストレスケアや無理なダイエットの中止を行い、原因そのものを断ちきることが重要です。また、生理不順・排卵障害などの妊娠に関わる機能は、どちらかというと黄体ホルモン(プロゲステロン)の方が強く関わっており、プレマリンだけで改善することはそれほど多くはありません。なので、プロゲステロン製剤の「ルトラール」を合わせて服用するケースが多くなります。

 

いずれにしても、卵巣機能不全症は原因も症状もさまざまで、「単にプレマリンを服用すれば治る」というものではありません。きちんと医師の診察を受けて、正しくホルモン剤を使っていくことが重要となります。

 

骨粗しょう症

 

皮膚や筋肉と同じく、骨も日々新陳代謝を行なっています。古い骨は「破骨細胞」によって壊され、「骨芽細胞」によって新しい骨が作られます。このサイクルのバランスが保たれていると、丈夫で健康な骨を維持することができます。

 

ところが、女性ホルモンのエストロゲンが減ると、破骨細胞の働きが活発になることがわかっています。つまり、更年期になって女性ホルモン分泌量が減ると、骨の新陳代謝が乱れてしまい、骨が弱くなりやすくなるのです。

 

骨はカルシウムが主成分なので、骨粗しょう症はカルシウム不足が原因と言われがちです。もちろんそういうケースも多いのですが、更年期の女性の場合、むしろエストロゲン不足による骨粗しょう症の方が多くなると言われています。

 

そのため、骨粗しょう症の治療のためにプレマリンを処方することも多くなっています。プレマリンは直接エストロゲンを補充できるので、エストロゲン不足の骨粗しょう症には効果を発揮します。

機能性子宮出血

 

機能性子宮出血とは、カンタンに言うと子宮内膜がはがれたことによる出血を指しています。大抵の場合、女性ホルモンの分泌以上が原因です。子宮内膜は、エストロゲンによってつくられ、プロゲステロンによって維持されます。そのバランスが崩れることによって、子宮内膜が崩れて出血に至ってしまうのです。

 

主にパターンは2つあり、女性ホルモン分泌量そのものが減って子宮内膜を維持できなくなるケースと、エストロゲンの過剰分泌のケースがあります。前者の場合はプレマリンを服用してエストロゲン量を増やす方法がとられますが、プロゲステロンも関係しているのでルトラールなどのプロゲステロン製剤も併用されるケースが多いです。また、後者の場合はプレマリンを服用してもエストロゲンを余計に増やしてしまうだけで、むしろ逆効果です。

 

つまり、ひと口に機能性子宮出血といっても、プレマリンが効くケース、それだけではダメなケース、むしろ逆効果になるケースとなかなか複雑です。なので、自己判断でプレマリンだけを服用するのは避け、医師の診察をしっかり受けたうえで投薬治療をすべきでしょう。

 

▲目次に戻る

 

プレマリンが効きにくい・効果を発揮しない症状は?

※きちんとした診断には、医師の診察が必須です。

 

プレマリンは女性ホルモン(エストロゲン)を補充して、女性ホルモン不足によるさまざまな諸症状を抑える薬です。しかし、だからといって女性ホルモンに関わるすべての症状に効果があるわけではありません。

 

ここでは、プレマリンが効かない、効果がでにくい症状について解説していきます。

 

生理不順、過多月経など

 

すでに解説した通り、女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)のほかにプロゲステロン(黄体ホルモン)があります。

 

  1. 基礎体温を上げる
  2. 子宮内膜を維持する
  3. 乳腺を発達させる

 

プロゲステロンの主な作用は↑のとおりです。エストロゲンが「女性らしさを維持する」ホルモンだとすれば、プロゲステロンは「妊娠を助ける」ホルモンと言ってよいでしょう。つまり、生理の周期に関しても、プロゲステロンが深くかかわっているのです。

 

そのため、生理不順や過多月経に関しては、エストロゲン補充のプレマリンでは、それほど効果が出ないことがあります。もちろん、プレマリンが処方されるケースもありますが、多くの場合はプレマリンとルトラール(プロゲステロン製剤)の同時処方になることが多いです。

 

そのため、生理不順や過多月経に対して、「自宅に残っているプレマリンでなんとかしよう」というのはあまりおすすめできません。どんな治療法が良いかは女性によって違ってくるので、きちんと医師の診察を受けて、最適な投薬をしてもらうべきです。

 

ニキビ

 

ニキビの原因の1つに、ホルモンバランスの乱れがあります。ストレスや睡眠不足が原因で男性ホルモンが優位になり、肌が脂性となってニキビができやすくなると言われています。特に女性の大人ニキビは、女性ホルモンのエストロゲンが不足し男性ホルモンが優位になったために出やすいとされています。

 

そう考えると、プレマリン服用によってエストロゲンを補充することで、ニキビが治せそうな気がしてきます。ただ、プレマリンは確かにエストロゲンを補充しますが、補充量がそれほど多くないためニキビを改善するほどの効果は見込めないと言われています。もし女性ホルモン補充によって治療するなら、もっと補充量の多い低用量ピルを使用したほうが治療効果は高いでしょう。

 

とはいえ、ニキビの原因はホルモンバランスの乱れだけではありません。紫外線や食生活の乱れなど、さまざまな原因が考えられます。そのため、女性ホルモンを補充したからといって必ずニキビが治るとも限らないのです。また、低用量ピルの副作用としてニキビが出るケースもあります。

 

なので、ニキビの治療をするならまずは生活習慣の改善を心がけるべきです。その上で、どうしても改善しないなら皮膚科の診察を受けるとよいでしょう。医師が必要と判断したうえで、低用量ピルなどが処方されることはあるはずですが、それでもプレマリンが処方されることはほとんどないでしょう。

 

▲目次に戻る

 

プレマリンの服用タイミングや用法・用量について

 

女性ホルモン(エストロゲン)の補充ができるプレマリンは、服用タイミングが意外と重要です。

 

ここでは、プレマリンの服用タイミングや用法・用量について解説していきます。

1日1回服用、食前・食後は関係ナシ

 

まず服用方法についてですが、添付文書には以下の記述があります。

 

結合型エストロゲンとして、通常成人 1 日0.625〜1.25 mgを経口投与する。

 

服用量については指定がありますが、服用タイミングについては特に指定がありません。なので、服用タイミングについては処方する医師の判断によって多少変わってくることが多いようです。また、食前・食後の服用についてもとくに書いてないので、食前・食後で効果が変わってくるなどの心配も基本的にはありません。

 

ただ、プレマリンの半減期(血中濃度が半分になる時間)はだいたい半日くらいなので、1日1回の服用だと血中濃度が薄い時間帯ができてしまうことになります。なので、1日2回、朝夕食後の服用になるパターンが多くなります。そうすれば、1日通して一定以上の血中濃度を保つことができます。また、食事の後の服用の方が、服用を忘れにくいという配慮からくるタイミングでしょう。

 

いずれにしても、服用タイミングについては医師の指定通りに行っていれば問題ありません。

 

2つの投与法がある

 

プレマリンの1日の服用タイミングについてはすでに解説した通りですが、投与法(長期的な投与スケジュール)については2つの手法があります。

 

  1. 持続的投与法
  2.  

    毎日持続的に服用していく投与法。

     

  3. 間欠的投与法
  4.  

    3週間程度投与し、残りの1週間は休薬する投与法。

 

持続的投与はその名の通り毎日投与を続ける方法で、血中濃度が薄れないため高い効果が見込めますが、その分副作用などのリスクも大きくなります。そういったリスクをできるだけ抑えるために、毎月1週間程度の休薬期間を設ける「間欠的投与法」が選ばれることもあります。

 

どちらを選ぶかは、プレマリン服用時の体の状態によるので、自己判断は難しいでしょう。医師と相談の上、指示通りに服用していくのが無難です。

 

服用期間と長期服用について

 

プレマリンは女性ホルモン補充という目的があるため、どうしても服用期間が長くなりがちなのは事実です。実際、数年単位でプレマリンを服用しつづけている人も多く、条件(副作用が少ない、併用禁忌に該当しないなど)を満たしていれば長期服用も基本的には問題ありません。

 

しかし、プレマリンを服用していて副作用が出てしまい、生活に支障がある場合や、効果があまり実感できない場合などは、別の手段を考える必要があります。

 

また、プレマリンには「血栓ができやすい」「乳がんのリスクが若干増加する」などのリスクもあるため、5年以上の継続利用については定期的に検査をしつつ医師と相談して決めることも重要です。漫然と長期服用せず、効果やリスクを考えつつ続けることが大切です。